子宮頸がん予防ワクチン

整形外科

整形外科

リウマチ科

リハビリテーション科

骨粗鬆症外来

特定健診・予防接種

婦人科

一般婦人科診療

子宮がん検診・乳がん検診

妊婦健診

避妊・ピル

性感染症(STD)

更年期・ホルモン療法

子宮頸がん予防ワクチ

アンチエイジング

ブライダルチェック

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん(しきゅうけいがん)予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されているHPV 16型とHPV 18型の感染を防ぐワクチンです。


現在下記の対象者は、市町村の公費負担による子宮頸がんワクチン接種ができます。
平成25年度の対象者は、平成9年4月2日から平成14年4月1日生まれ(接種時に小学校6年生~高校1年生相当の方)女子が助成での接種対象となります。


詳細は泉大津市のホームページをご覧下さい。


  • 費用:無料
  • 持ち物:保険証、母子健康手帳
  • ワクチンの種類:ガーダシル(4価)、サーバリックス(2価)

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年6月14日厚生労働省から「積極的勧奨を差し控える」と勧告されました。接種を希望される場合は、ワクチンの有効性・副反応についてご説明いたしますので、十分にご理解の上、接種をお願いいたします。

子宮頸がん予防ワクチンは、肩に近い腕の筋肉に注射します。1~2回の接種では十分な抗体ができないため、半年の間に3回の接種が必要です。(初回・2か月後・6か月後)
この3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。但し、このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがんを治す効果はなく、接種後のHPV感染を防ぐものです。

性交渉の経験がない時期に接種すると有効ですので、公費負担対象者はこの時期に接種するようにしましょう。