避妊・ピル

整形外科

整形外科

リウマチ科

リハビリテーション科

骨粗鬆症外来

特定健診・予防接種

婦人科

一般婦人科診療

子宮がん検診・乳がん検診

妊婦健診

避妊・ピル

性感染症(STD)

更年期・ホルモン療法

子宮頸がん予防ワクチ

アンチエイジング

ブライダルチェック

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

避妊・ピル

患者さまのご希望をお伺いした上で、一人一人に合った方法をご提案いたします。
子宮内避妊リングの装着、低用量ピルの処方などを行っていますので、お気軽にご相談ください。
ピルの処方については、副作用のことなど十分にご説明の上、処方いたします。

緊急避妊(アフターピル)

緊急避妊(アフターピル)は、避妊を失敗した時の為の緊急用ピルです。女性が"やむを得ず"避妊に失敗した際に、ホルモン避妊薬を服用することで、妊娠を防止する事が出来る方法です。


避妊が不十分で不安のある方は、性行為後72時間以内に受診し服用していただきます。
アフターピルは医師による処方が必要となる為、まずは当院までお問い合わせください。


簡単な問診のみで内診はありません。

低用量ピル

ピルは女性ホルモンを含んだ経口避妊薬です。
もともと卵巣から分泌されている2種類のホルモン(卵胞ホル モンと黄体ホルモン)から作られた錠剤です。ピルを飲むことで排卵がおきにくくなり、子宮の入り口の粘液の変化により精子が入りにくくなり、万一排卵があっても子宮内膜に変化がおきて受精卵が着床しずらい状態になります。
そのため、正しく服用すればほぼ100%の避妊効果があります。
また、コンドームと併用すると、感染症を 防ぎながらより確実に避妊することができます。


ピルは女性の意志だけで避妊ができるメリットがあります。

医師による処方が必要となる為、まずは当院までお問い合わせください。


ピルは、避妊だけでなく、生理日の移動や月経前の頭痛やだるさイライラといった月経前症候群(PMS)の症状を軽くする治療薬としても使われています。


子宮内避妊器具(IUD)

子宮内避妊器具(IUD)とはリングとも呼ばれ、子宮内に器具を挿入し、受精卵の子宮内膜への着床を妨ぎます。長期の避妊を望む女性に適しています。また授乳中は内服のピルは母乳に影響を与えるため適しませんが、IUDは安心して使用することができます。