性感染症(STD)

整形外科

整形外科

リウマチ科

リハビリテーション科

骨粗鬆症外来

特定健診・予防接種

婦人科

一般婦人科診療

子宮がん検診・乳がん検診

妊婦健診

避妊・ピル

性感染症(STD)

更年期・ホルモン療法

子宮頸がん予防ワクチ

アンチエイジング

ブライダルチェック

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

性感染症(STD)

STDとは性行為により感染する病気です。
最近では、10~20代の患者様が急増しています。
はっきりとした症状が出現せず、検査をしてみないとわからない場合もあります。


膣や外陰部、そのまわりのデリケートゾーンの炎症、かゆみ、かぶれ、下腹部の痛みや不正出血おりものの変化など気になる症状がある方は、早めに診断を治療を受けるようにしましょう。


恥ずかしさから放置したり、我慢すれば治ると思っていると、症状が進行し場合によっては不妊の原因になってしまう場合もございます。
できるだけ早く専門医の診断・治療を受けることをお勧めします。